書き順
なりたち
 会意 もとの字は齅(しゅう)で鼻と臭(臭)とを組み合わせた形。嗅はその略字であるが、古い時代にはあまり使用例がない。臭(におい)はよい香りにも、いやなにおいにも用いたが、のちに、いやなにおいについてのみ用いるようになった。殠(しゅう)も悪臭の意味である。臭・齅は動詞に用い、「かぐ」の意味となる。嗅覚のように使う。
そのほか
画 数 13画
部 首 くちへん
音読み く(外)・呉音
きゅう・漢音
訓読み か-ぐ
用例 嗅球(きゅうきゅう)
嗅聞(きゅうぶん)
嗅官(きゅうかん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
においをかぐ 嗅覚・嗅神経・嗅脳
なかまのかんじ

口のある漢字
自のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
犬のある漢字 
犬1 然4 状5 燃5