書き順
なりたち
 形声 音符は丩(きゅう)。丩は縄(なわ)をより合わせる形。多くの人をまとめることを糾合といい、うまくまとまらずごたごたすることを糾雑・紛糾という。また縄を使って罪人を捕らえ縛(しば)り上げるので、糾察(罪状を問いただし明らかにすること)・糾弾(罪や責任を問いただして非難攻撃すること)のようにつかい、「あざなう(まじ合わせる・縄をなう)・ただす」の意味に用いる。
そのほか
画 数 9画
部 首 いとへん
音読み きゅう・呉音
きゅう・漢音
訓読み あざな-う(外)
ただ-す(外)
用例 糾合(きゅうごう)
紛糾(ふんきゅう)
糾弾(きゅうだん)


なかまのかんじ

小のある漢字
糸のある漢字