書き順
なりたち
 形声 もとの字は犧に作り、音符は羲(ぎ)。羲はいけにえとして供える羊を我(鋸・のこぎり)で切断し、欠陥のないことを確かめる字で、切断された羊の後ろ足が垂れている形である。後ろ足が垂れていない形は義である。羲が犧のもとの字で、いけにえの羊である。いけにえのうちでも牛のいけにえは最も重要なものとされたので、牛を加えた犧の字が作られ、羊・牛以外の豕(ぶた)など外の動物のいけにえをも含めた「いけにえ」の意味に使われる。
そのほか
画 数 17画
部 首 うしへん
音読み き・呉音、き・漢音
ぎ・慣用音
訓読み いけにえ(外)
用例 犠牲(ぎせい)
犠牛(ぎぎゅう)
犠盛(ぎせい)


なかまのかんじ

牛のある漢字 
牛2 物3 特4 牧4 解5 件5
三のある漢字
羊のある漢字
戈のある漢字
我のある漢字  議4 義5 我6