書き順
なりたち
 形声 音符は疑(ぎ)。疑は杖(つえ)を立てたひとが後ろを向き、進むか退くかを決めかね立ち止まっている形。どのように行動するか思いはかり、行動に移ろうとする前段階なので、「かりに・なぞらえる・にせる」の意味となる。
そのほか
画 数 17画
部 首 てへん
音読み ご(外)・呉音
ぎ・漢音
訓読み -
用例 擬革(ぎかく)
疑似(ぎじ)
模擬(もぎ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
なぞらえる 擬勢・擬音・擬態・擬人
おしはかる 擬議・擬度
なかまのかんじ

扌のある漢字
匕のある漢字
矢のある漢字
疋のある漢字
疑のある漢字  疑6