書き順
なりたち
 形声 音符は其(き)。其は、箕(き・四角形のちりとり)の形で、ほぼ四角形のものをいう。碁盤や将棋盤の形は四角形であるから、碁・棋のようにいい、「ご・しょうぎ」の意味に用いる。古くは博棋・六博(りくはく)・弈棋(えきき)といわれた。中国で三世紀に書かれた「芸経(げいきょう)」に棋局は縦横それぞれ十七道、白黒の碁石それぞれ百五十枚とあり、今の碁に近いものであった。わが国へは遣唐使によって伝えられた。
そのほか
画 数 12画
部 首 きへん
音読み ぎ(外)、ご(外)・呉音
き・漢音
訓読み -
用例 棋子(きし)
棋士(きし)
棋道(きどう)


なかまのかんじ

道具に由来する漢字
木のある漢字
八のある漢字
其のある漢字  期3 旗4 基5