書き順
なりたち
 会意 𢆶(し)と戈(か)とを組み合わせた形。𢆶は絲(し・糸)のもとの字で糸飾り。邪悪なものを祓(はら)う力のある糸飾りをつけた戈(ほこ)を用いてあやしいことを調べ、問いただすことを幾という。かすかなきざし(物事が起ころうとするしるし)を察し、これを問いただすので、「きざし・かすか」の意味となる。譏察(きさつ・たずね調べること)というのが、幾のもとの字であったが、幾が「いくら、いく」という意味に使われるようになって、譏(そしる、しらべる)が作られた。
そのほか
画 数 12画
部 首 いとがしら
音読み け(外)・呉音
き・漢音
訓読み いく
用例 庶幾(しょき)
幾何(きか)
幾諫(きかん)


なかまのかんじ

道具に由来する漢字
幺のある漢字
人のある漢字
戈のある漢字