書き順
なりたち
 形声 音符は九(きゅう)。九に宄(き・わるもの)・馗(き・みち)の音がある。車の輿(こし)の下の両輪の間を軌という。軌は六尺六寸の定めであったから、規定のあることを軌則・軌式といい、手本とすべきものを軌範という。
そのほか
画 数 9画
部 首 くるまへん
音読み き・呉音
き・漢音
訓読み みち(外)
用例 軌跡(きせき)
軌道(きどう)
常軌(じょうき)


なかまのかんじ

車のある漢字
九のある漢字