書き順  
なりたち
 形声 音符は枼(よう)。枼は木に新しい枝が三本伸びている形。その上のものを葉といい「木のは、は」の意味となる。葉は薄いものであるから、すべて薄いものの意味に用い、一そうの舟を一葉の舟といい、紙の枚数を数えるとき、一枚を一葉という。枼はよ、世代の意味に用いることから、葉は「よ、世代」の意味に用い、中葉(なかごろ。なかごろの時代)という。
そのほか
学 年 3年
画 数 12画
部 首 くさかんむり
音読み よう・呉音
よう・漢音
訓読み
用例 子葉(しよう)
葉肉(ようにく)
黄葉(こうよう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
は。草木のは 紅葉・枝葉・単葉・落葉
薄いもの 金葉・肺葉・前頭葉
時代の一区切り 前葉・中葉・末葉・万葉
すえ。わかれ 末葉・門葉
千葉の略 京葉
梵語の音訳字 迦葉
なかまのかんじ

都道府県の漢字
植物の漢字
時の漢字
艹のある漢字
世のある漢字  世3 葉3
木のある漢字