書き順  
なりたち
 形声。音符は羊(よう)。洋にまた祥(しょう・さいわい)の音があり、洋洋をまた、湯湯(しょうしょう・水の勢いの盛んな様子)ともいう。洋洋(水が満ちあふれる様子。また広々とした様子。物事の勢いの盛んな様子)のように「ひろい、あふれる、さかん」の意味に用いる。また海洋(海)・外洋(広々とした大きな海)のように、「うみ」の意味に用いる。のち「外国」、特に「西洋」の意味に用い、洋貨(外国品。西洋の商品)・洋楽(西洋の音楽)という。
そのほか
学 年 3年
画 数 9画
部 首 さんずい
音読み よう・呉音
よう・漢音
訓読み -
用例 海洋(かいよう)
洋食(ようしょく)
洋書(ようしょ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
大きなうみ 洋上・遠洋・外洋・大洋
世界を二つに分け 東洋・西洋
西洋の略 洋画・洋学・洋楽・洋行
みちみちたさま 洋洋・芒洋
なかまのかんじ

自然の漢字
さんずいのある漢字
三のある漢字
羊のある漢字