書き順  
なりたち
 形声 音符は由(ゆう)。もとの字はおそらく卣(ゆう)で。瓢箪(ひょうたん)の類の実が熟して溶け、殻の中がからっぽになった形である。熟した実が油(あぶら)のような状態になったものを油といい、「あぶら、あぶら状のもの」と意味となり、油状のものはつやがあるから「つや」の意味となる。油は植物性の油をいい。動物性のものは膏(こう・あぶら)・脂という。
そのほか
学 年 3年
画 数 8画
部 首 さんずい
音読み ゆ・呉音
ゆう(外)・漢音
訓読み あぶら
用例 油田(ゆでん)
石油(せきゆ)
原油(げんゆ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
液状のあぶら 油圧・給油・香油・重油
わき起こるさま 油然
なかまのかんじ

道具に由来する漢字
氵のある漢字
由のある漢字