書き順  
なりたち
 形声 音符は𠬝(ふく)。𠬝は跪(ひざまず)いている人(卩(せつ))を後ろから手(又)で押さえつけている形で,屈服させることを示す。舟(月)は盤のもとの字で盤は儀礼に使う器であるから、盤の前で何らかの儀礼を行うことを服という。おそらく降服の儀礼にしたがうことをいうものであろう。降服の儀礼を終えて、服属の(付き従うこと)の職務が与えられ、その職務を行うことを服事という。その職事や身分をいう。それで、事を行うことを服すといい、儀礼に服する時の車馬器用の類をすべて、服といい、車服いう。また、身につけることから、心にかけることをも服という。「したがう、ことにしたがう、おこなう、はたらく、もちいる」などの意味に用いる。
そのほか
学 年 3年
画 数 8画
部 首 つき、つきへん
音読み ぶ(外)、ぶく(外)・呉音
ふう(外)、ふく・漢音
ふく・慣用音
訓読み -
用例 衣服(いふく)
不服(ふふく)
元服(げんぷく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
きもの。着るもの 服装・洋服・礼服・平服
つきしたがう 服従・心服・征服・降服
つとめに従事する 服役・服務
喪にこもる 服喪・服忌・忌服・除服
薬や茶を飲む 服毒・服用・内服
なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
月のある漢字
又のある漢字