書き順  
なりたち
 会意 禾(か)と少とを組み合わせた形。[説文]に「禾の芒(ぼう・のぎ)なり」とあり、禾(いね)の先端からでている「のぎ(堅い毛)」の意味とする。のぎはきわめて細く小さいものであるから、「かすか、わずか」の意味に用い、時間や角度をはかるときの小さな単位で、分の六十分の一を秒という。
そのほか
学 年 3年
画 数 9画
部 首 のぎへん
音読み みょう(外)・呉音
びょう・漢音
訓読み のぎ(外)
用例 光秒(こうびょう)
秒角(びょうかく)
一秒(いちびょう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
時間や角度の単位 秒速・秒針・秒速・毎秒
かすか。わずか 寸秒・分秒
なかまのかんじ

時の漢字
禾のある漢字
少のある漢字