書き順  
なりたち
 形声 音符は非(ひ)「説文」に「痛むなり」とあり、悲痛(心から悲しむこと)の感情をいい「かなしい、かなしむ」の意味に用いる。悲哀(かなしいこと)の意味より、すべて悲哀の情を含むものについて、悲音(かなしげな音)・悲秋(もの悲しい秋)。悲風(さびしく悲しげに吹く風)のようにいう。悲と同じく、非と心を要素とする悱(ヒ)は、もだえるの意味である。
そのほか
学 年 3年
画 数 12画
部 首 こころ
音読み ひ・呉音
ひ・漢音
訓読み かな-しい
かな-しむ
用例 悲運(ひうん)
悲歌(ひか)
悲話(ひわ)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
かなしい 悲観・悲喜・悲劇・悲壮
あわれみの心 悲願・慈悲
仏教で情け深い 悲田・悲母・慈悲・大悲
なかまのかんじ

非のある漢字  悲3 罪5 非5 俳6
心のある漢字