書き順  
なりたち
 国字(日本で作った漢字) 火と田とを組み合わせた形で、焼畑の意味となる。水田に対して草を焼いて開墾した「はた、はたけ」をいう。水田は田という。また畠ともかく。畑として利用されている土地を畑地(はたち)といい、その畑地に作物を作ること、またその作物を畑作(はたさく)という。
そのほか
学 年 3年
画 数 9画
部 首 たへん
音読み 国字のため無し
訓読み はたけ
はた
用例 畑作(はたさく)
畑地(はたち)
田畑(たはた)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
はた。はたけ 畑物・桑畑・田畑・麦畑
なかまのかんじ

国字の漢字  畑3 働4
火のある漢字
田のある漢字