書き順  
なりたち
 形声 音符は咅(はい)。咅は草木の実が熟して、剖(わ)れようとしている形。倍は剖れて数多くなることで、「ます、ばいまし」の意味となり、倍加(二倍に増えること。二倍に増やすこと。ばいまし)・数倍(三~四倍、五~六倍ぐらいであること)のようにいう。「説文」に「反(そむ・背)くなり」とするが、剖(わ)れて数が増すことから、「そむく」の意味となり、倍徳(ばいとく・徳義にそむくこと)のようにもちいる。
そのほか
学 年 3年
画 数 10画
部 首 にんべん
音読み ばい、べ(外)・呉音
はい(外)・漢音
訓読み -
用例 倍分(ばいぶん)
利倍(りばい)
倍音(ばいおん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ます。多くする 倍旧
同じ数を加える  倍加・倍増・倍率・層倍
ある数をかける 倍率・数倍
そむく。反する 倍反 
なかまのかんじ

イのある漢字
亠のある漢字
立のある漢字
口のある漢字