書き順  
なりたち
 形声 音符は寺(じ)。寺に待(たい・まつ)、特(とく・ひとり)の音がある。「説文」に「齊(ひと)しき簡なり」とあり、長さが同じ竹簡・木簡(文字を書いた細長い竹や木の札(ふだ))の意味とする。竹簡や木簡は一尺八寸、二尺四寸のように、その長さに定めがあり、同じ長さの簡を綴(つづ)って書冊とした。それで、「ひとしい」の意味となる。等級(くらい)が同じ者をともがらといい、等輩・等倫(ともがら。仲間)のように「ともがら」の意味に用いる。
そのほか
学 年 3年
画 数 12画
部 首 たけかんむり
音読み とう・呉音
とう・漢音
訓読み ひと-しい
用例 上等(じょうとう)
等分(とうぶん)
平等 (びょうどう) 
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ひとしい。おなじ 等価・均等・対等・同等
くらい。順位 高等・優等・初等・特等
なかま。ともがら 郎等・等輩
なかまのかんじ

竹のある漢字
土のある漢字
寸のある漢字
寺のある漢字
  寺2 時2 詩3 持3 待3 等3 特4