書き順  
なりたち
 象形 脚の高い食器の形。「説文」に「古(いにしえ)、肉を食するの器なり」とあるが、儀礼のときに塩物や飲み物を入れる器であった。儀礼に使用した豆は木や瓦(かわら)で作ったものであった。のち荅(とう・あずき)と通じて、「まめ」の意味に用いる。
そのほか
学 年 3年
画 数 7画
部 首 まめ、まめへん
音読み ず・呉音
とう・漢音
訓読み まめ
用例 文豆(ぶんとう)
大豆(だいず)
小豆(しょうず)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
まめ。五穀の一つ 豆乳・豆腐・納豆・巴豆
食物を盛る器 俎豆
伊豆の国の略 豆州
なかまのかんじ

植物の漢字
道具に由来する漢字
口のある漢字
豆のある漢字
  頭2 短3 登3 豆3 豊5