書き順  
なりたち
 形声。音符は廷(てい)。廷は壁で区画した宮中の儀礼を行う場所(にわ)で、庭のもとの字である。建物の屋根の形の广(げん)を加えた庭は「にわ」の意味に用い、儀礼を行う場所(にわ)だけでなく、庭園(樹木を植えたり、池などを作った庭)・校庭(学校の運動場や中庭)のように広い場所の意味に用いる。今は广(屋根)のない場所を庭といい、法廷(裁判官が裁判を行う場所)のように屋根のある場所を廷ということが多い。
そのほか
学 年 3年
画 数 10画
部 首 まだれ
音読み じょう(外)・呉音
てい・漢音
訓読み にわ
用例 校庭(こうてい)
庭上(ていじょう)
庭園(ていえん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
にわ。なかにわ 庭前・径庭・石庭・庭樹
家。家のなか 家庭・庭訓
政務を行う場所 禁庭・紫庭
なかまのかんじ

教科の漢字
建物に由来する漢字
广のある漢字
壬のある漢字  庭3 任5 賃6
廴のある漢字  庭3 建4 健4 延6 誕6