書き順  
なりたち
 形声 音符は主(しゅ)。主に柱(ちゅう)の音がある。主は燭台(しょくだい)の形で、鐙(あぶらざら)のなかで燃えている炎を加えている形である。「説文」に「灌(そぞ)ぐなり」とあり、鐙の中に油を注ぐの意味であろう。のちすべて「そそぐ、つぐ」の意味に用いる。油の容器を鐙に近づけて油を流し入れるので、属と音・意味が近く、「つける、くっつける」の意味にも用いる。本文の中の語句を取り上げて、その意味を解説することを注釈というのは、本文に説明を属(つ)けるという意味である。
そのほか
学 年 3年
画 数 8画
部 首 さんずい
音読み す(外)・呉音
しゅ(外)・漢音
ちゅう・慣用音
訓読み そそ-ぐ
用例 注説(ちゅうせつ)
補注(ほちゅう)
訳注(やくちゅう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
そそぐ。つぐ 注射・注入・注油
一点にむける 注意・注視・注目・傾注
解きあかす 注解・注記・校注・評注
書き記す 注進・受注・発注・注文
なかまのかんじ

氵のある漢字
玉 王のある漢字
主のある漢字  主3 住3 注3 柱3 往5