書き順  
なりたち
 形声 音符は豆(とう)。「説文」に「長短する所有るときは、矢を以(もっ)て正と爲(な)す」とあり、矢によって長短の長さをはかるの意味とする。豆は脚が高く頸(くび)の部分の短い食器である。それで短は短い矢をいい、すべて「みじかい、ひくい」の意味となり、また「おとる」の意味となり、人の短所を「そしる」の意味にも用いる。
そのほか
学 年 3年
画 数 12画
部 首 やへん
音読み たん・呉音
たん・漢音
訓読み みじか-い
用例 短文(たんぶん)
短日(たんじつ)
短歌(たんか)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
小さい。みじかい 短期・短縮・最短・長短
つたない 短見・短所・一長一短
気みじか 短気
なかまのかんじ

道具に由来する漢字
武器に由来する漢字
矢のある漢字
口のある漢字
豆のある漢字
  頭2 短3 登3 豆3 豊5