書き順  
なりたち
 形声 音符は正(せい)。敕(ちょく・勅)には束薪(そくしん・しばのたば)を打って整えるの意味がある。正には正(ただ)すの意味があり、正は正(せい)の音を示すだけでなく、正すの意味を含んでいるので亦声(えきせい)という。整はもと不揃(ふぞろ)いのものを揃(そろ)えるの意味であるが、のちすべてのことの不整合を「ととのえる、ただす」こと、そして「正しい状態にする」ことをいう。
そのほか
学 年 3年
画 数 16画
部 首 ぼくづくり、ぼくにょう
音読み しょう(外)・呉音
せい・漢音
訓読み ととの-う
ととの-える
用例 整理(せいり)
整数(せいすう)
整合(せいごう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
ととのえる 整然・整備・整列・調整
なかまのかんじ

木のある漢字
口のある漢字
束のある漢字  整3 速3 束4
攵のある漢字
卜のある漢字
止のある漢字
正のある漢字  正1 整3 証5 政5