書き順  
なりたち
 形声 音符は申(しん)。申は稲妻(電光)の形。稲妻は天にある神の威光をあらわれと考えられたので、金文では申を「かみ」の意味に用いており、申は神のもとの字である。申がかみ以外の「もうす」などの意味に用いられるようになったので、祭卓(神を祭るときに使う机)の形の示を限定府(偏(へん)・旁(つくり)など。部首)として、神の字となった。示部の部には、示偏に土(社)・祠(し・まつる)・示偏に且(祖)など、神と同じような構成をもつ字が多い。神とはもと自然の事物や力を神として崇拝する自然神であったが、金文によると祖先の霊をも神として祭るようになっている。のち「かみ」の意味のほかに、「こころ、こころのはたらき、こころのはたらきのすぐれたもの」の意味にも用いる。
そのほか
学 年 3年
画 数 9画
部 首 しめすへん
音読み じん・呉音
しん・漢音
訓読み かみ
かん(中)
こう(高)
用例 神馬(しんめ)
神道(しんとう)
明神(みょうじん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
かみ 神仏・神明・女神・軍神
不思議なはたらき 神技・神速・神童・神秘
こころ。たましい 神経・神色・失神・心神
神戸の略 阪神
神道 神式
なかまのかんじ

都道府県の漢字
時の漢字
示のある漢字
申のある漢字  申3 神3