書き順  
なりたち
 象形 稲妻(電光)の形。右と左に光が屈折している形で対戦の横に並べて申の形となった。稲妻は天にある神がその威光をあらわした形である。神の発するものであると考えられたから、「かみ」の意味となり、申は神のもとの字である。稲妻は、屈折しながら斜めに走るものであるから、「のびる」の意味となり、また、「かさねる、もうす」の意味に用いる。申が「もうす」などの意味に用いられるようになったので、「かみ」の意味の字として、申に祭卓(神を祭るときに使う机)の形の示を加えた神(神)が作られた。
そのほか
学 年 3年
画 数 5画
部 首 たへん
音読み しん(中)・呉音
しん(中)・漢音
訓読み もう-す
さる
用例 上申(じょうしん)
開申(かいしん)
具申(ぐしん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
もうす。述べる 申告・内申・具申・答申
十二支の第九さる 庚申・壬申・甲申
くりかえす 三令五申
なかまのかんじ

申のある漢字
  申3 神3