書き順  
なりたち
 象形 入れ墨をするときに使う針(辛)の針先の部分に、墨だまりのある形。日の部分が墨だまりの形。これによって加えられた文身(ぶんしん・入れ墨)の美しいことを彰(しょう・あきら)かという。文は文身の形で、その文身の美しいことを彣(ぶん・あや)といい、合わせて彣彰(美しいこと。あやがあること)という。章は入れ墨の美しいことから、「あきらか、あや」の意味となる。また、入れ墨は刑罰のほかに、通過儀礼として、また社会生活上の身分を示すしるしとして用いられたので、「てほん、のり、しるし」の意味となり、詩文の一節や楽曲の一節の意味にも用いられた。
そのほか
学 年 3年
画 数 11画
部 首 たつへん
音読み しょう・呉音
しょう・漢音
訓読み -
用例 腕章(わんしょう)
校章(こうしょう)
楽章(がくしょう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
しるし。もよう 印章・紋章 ・記章・帽章
ふみ。文書 玉章・詞章・断章・文章
きまり。法律 章程・憲章・典章
あきらかにする 表章
楽曲などの区切り 章句・章節・終章・序章
なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
亠のある漢字
立のある漢字
日のある漢字
十のある漢字
早のある漢字
章のある漢字  章3 障6