書き順  
なりたち
 象形 人が口を開いてなげき、そのなげく息づかいが現れている形。欠(けんン)は口を開いている人を横から見た形で、二はその吐く息を示している。次・咨(し・なげく)・諮(はかる)は一つの系統の字である。㳄(せん・よだれ)は口を開いてよだれを垂らす形で、羨(せん・うらやむ)は犠牲(いけにえ)の羊の肉を前にして㳄(よだれ)を垂らしてうらやむの意味である。なげくの意味の字として咨が作られ、次は弐(じ・貳・ふたつ、ふたたび)と通用して、「つぐ、つぎ」の意味となり、次第(順序)の意味に用いる。「やどる」の意味に用いるのは、し(師のへんに朿・軍隊の駐屯地)と音が近く通用するからであろう。
そのほか
学 年 3年
画 数 6画
部 首 あくび
音読み し(中)・呉音
し(中)、じ・漢音
訓読み つぎ
つ-ぐ
用例 次回(じかい)
次元(じげん)
次第(しだい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
つぎ。二番め 次官・次期・次席・次男
ついで。順序 式次・順次・序次・席次
順序立てならべる 編次
回数度数を表す語 今次・年次・数次・両次
やどる。とまる 歳次・途次・路次・宿次
なかまのかんじ

冫のある漢字
人のある漢字
欠のある漢字
次のある漢字  次3 資5 姿6