書き順  
なりたち
 会意 歹(がつ)と人(匕・ひ)とを組み合わせた形。歹はもとの形が𣦵に作り、死者の胸から上の残骨の形。古くは死体を一時的に草むらに棄て、風化して残骨となったとき、その骨を拾ってほうむることを葬(ほうむる)という。このような埋葬形式を複葬という。拾い集めた残骨を拝み弔う形が死で、「しぬ、ころす」の意味となる。
そのほか
学 年 3年
画 数 6画
部 首 かばねへん
音読み し・呉音
し・漢音
訓読み し-ぬ
用例 生死(せいし)
死去 (しきょ)
死海(しかい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
しぬ。命がつきる 死因・死者・仮死・急死
おわる 死角・死語・死蔵・死文
しにものぐるい 死守・死闘・死力
危険なこと 死線・死地
野球で、アウト 二死
なかまのかんじ

夕のある漢字
歹のある漢字 
死3 列3 残4 例4
匕のある漢字
死のある漢字  死3