書き順  
なりたち
 形声 音符は官(かん)。官は軍が出征するとき、軍社の祭りに供えた脤肉(しんにく・祭りの肉・下図)を捧(ささ)げ持って出発し、軍が駐屯するときにそれを建物の中に安置する形。脤肉を安置した神聖な建物が官で、館のもとの字である。官は将軍たちが生活するところでもあったので館という。のち公式の儀式を行う建物や大きな「やかた」なども館といった。館は古くは政府の公館や学校の名などにつかったが、いまは旅館・映画館のようにも使う。
脤肉
そのほか
学 年 3年
画 数 16画
部 首 しょくへん
音読み かん・呉音
かん・漢音
訓読み やかた
用例 本館(ほんかん)
館長(かんちょう)
館内(かんない)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
やかた。やしき 帰館・公館・商館・洋館
やど。やど 旅館
公共の建物・施設 映画館・図書館・博物館
役所 大使館
学校・道場など 弘道館・明倫館
なかまのかんじ

建物の漢字
𠆢のある漢字
宀のある漢字
口のある漢字
官のある漢字  館3 官4
飠のある漢字 
飲3 館3 飯4 飼5