書き順  
なりたち
 形声 音符は咸(かん)。咸は (神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器)の上に聖器である戉(えつ・鉞)を乗せて さいを守り、祈りの効果を中に緘(と)じこめ守るの意味がある。そのようにしておくと、神は夜中にひそかに訪れ、祈りに応(こた)えてくれると考えれた。神の「心がうごく」ことを感という。それですべて他に感じて、「こころうごく」ことを感といい、また心に感じること、「おもう」ことを感という。
そのほか
学 年 3年
画 数 13画
部 首 こころ
音読み こん(外)・呉音
かん・漢音
訓読み -
用例 語感(ごかん)
体感(たいかん)
感電(かんでん)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
心に受ける 感化・予感・感情・感心
知覚する 感覚・感触・快感
染まる 感染・流感
五感に触れて 感覚・感官・触感・体感
外部の物に触れて 感染・感電・感応・感冒
なかまのかんじ

戈のある漢字
口のある漢字
心のある漢字
咸のある漢字  感3 減5