書き順  
なりたち
 形声 音符は何(か)。何の古い字形には戈(ほこ)を荷(にな)う字があり、何に「になう」の意味がある。何と通じて、「に、になう」の意味に用いる。草の名としては「はす」をいう。
そのほか
学 年 3年
画 数 10画
部 首 くさかんむり
音読み が(外)・呉音
か(中)・漢音
訓読み
用例 一荷(いっか)
電荷(でんか)
軽荷(けいか)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
に。にもつ 在荷・集荷・出荷・入荷
物をかつぐ 荷重・荷担・負荷・歩荷
はす 荷葉
なかまのかんじ

植物の漢字
艹のある漢字
にんべんのある漢字
丁のある漢字
口のある漢字
可のある漢字