書き順  
なりたち
 形声 もとの字は橫に作り、音符は黄(こう)。黄は腰につける佩玉(はいぎょく)の玉(ぎょく)の形。その玉を璜(こう)という。横はもと扉の貫(かん)の木に用いる横の木をいう。それより縦(たて)・横(よこ)の「よこ」の意味に使う。縦には従順である、従うという意味があり、横には「まげる、さまたげる、ほしいまま」という意味があるので、横は悪い意味に使うことがある。
そのほか
学 年 3年
画 数 15画
部 首 きへん
音読み おう・呉音
こう(外)・漢音
訓読み よこ
用例 横位(おうい)
横言(おうげん)
専横(せんおう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
東西・左右の方向 横断・ 横断・横転・縦横
よこたえる 横臥
よこしま 横行・横柄・横暴・横領
よこたえる 横禍・横死
あふれる。みちる 横流・横溢
なかまのかんじ

方向の漢字
木のある漢字
由のある漢字
八のある漢字
黄のある漢字