書き順  
なりたち
 象形 首に枷(かせ)を加えられている人を正面から見た形。枷は刑罰の道具である。央は殃(おう・刑罰の災い、わざわい)のもとの字であると考えられる。殃は央に歹(がつ・残骨の形)を加えて、死罪のような禍(わざわい)をいう。手足ではなく体の中央に近い首に加える刑罰であるから、「まんなか」の意味となる。
そのほか
学 年 3年
画 数 5画
部 首 だいかんむり
音読み おう・呉音
よう(外)・漢音
訓読み なかば(外)
用例 中央(ちゅうおう)
年央(ねんおう)
期央(きおう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
なかば。まんなか 震央・道央・月央・県央
尽きる。やむ 未央
なかまのかんじ

人体に由来する漢字
ナのある漢字
人のある漢字
大のある漢字
央のある漢字  央3 英4 映6