書き順  
なりたち
 形声 音符は完(かん)。もとは完の音でよむ字であった。古くは寏(かん)とかかれ、その異字体として院が用いられ、エンの音でよんだ。垣(えん・かき、かきね)の意味で、「かき、垣のある建物」を院という、また、その建物に付属する「その、庭」をいう。のち学者の住居を書院、僧侶の住む建物を僧院という。
そのほか
学 年 3年
画 数 10画
部 首 こざとへん
音読み えん(外)・呉音
えん(外)・漢音
いん・慣用音
訓読み -
用例 学院(がくいん)
寺院(じいん)
院内(いんない)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
公共性のある施設 院長・医院・開院・議院
上皇などの敬称 院号・院政・新院・院中
病院 入院・産院・通院・退院
大学院などの略 院生・院展
なかまのかんじ

建物の漢字
阝のある漢字
宀のある漢字
儿のある漢字
元のある漢字  元2 院3 完4