書き順  
なりたち
 形声 もとの字は惡に作り、音符は亞(あ、亜)。亞は地下室の墓室の平面図。そこは死者の住む所であるから、生きている人にとっては快い場所ではなく、忌み謹むべき所である。その忌み謹む思いを悪といい、「にくむ」の意味となる。それは、愛好に対する憎悪(ぞうお・にくむこと)の感情である。のち、善悪(よしあし)の「わるい」の意味となる。
そのほか
学 年 3年
画 数 11画
部 首 こころ
音読み あく・呉音
あく、お(高)・漢音
訓読み わる-い
用例 悪口(あっこう)
悪玉(あくだま)
巨悪(きょあく)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
正しくない 悪意・悪質・最悪・罪悪
美しくない 悪声・醜悪
品質がよくない 悪銭・悪文・粗悪・悪食
ひどい。はげしい 悪戦苦闘
にくむ。いやがる 嫌悪・好悪・憎悪
むかむかする 悪寒・悪阻
なかまのかんじ

程度の漢字
亜のある漢字  悪3
心のある漢字