書き順
なりたち
 会意 今と口とを組み合わせた形。今はもと壺型(つぼがた)の器の栓(せん)のある蓋(ふた)の形である。含は人が死亡したとき、その死気が抜け出すことを防ぐために、玉(ぎょく)を口に含ませて蓋をすることで、「ふくむ・ふくませる」の意味となる。その玉を含玉といい、死者の復活を願う意味で蝉(せみ)の形の玉を使った。玉を口に含むという意味から、のちすべて内に「ふくむ」の意味に使う。
そのほか
画 数 7画
部 首 くち
音読み ごん(外)・呉音
かん(外)・漢音
がん・慣用音
訓読み ふく-む
ふく-める
用例 含畜(がんちく)
含有(がんゆう)
包含(ほうがん)


なかまのかんじ

道具に由来する漢字
𠆢のある漢字
今のある漢字  今2 念4
口のある漢字