書き順
なりたち
 形声 音符は監(かん)。監は、水を入れた水盤にうつむいて水盤に自分の姿を映している形で、水鏡(みずかがみ)をいい。「かがみ・みる」の意味となる。監が鑑のもとの字である。青銅や銅・鉄で作られるので鑑の字が作られた。鑑・鏡・景・煌(こう)はその音が近く、「かがやく、ひかりてらす」という意味がある。
そのほか
画 数 23画
部 首 かねへん
音読み けん(外)・呉音
かん・漢音
訓読み かんが-みる
用例 鑑察(かんさつ)
鑑賞(かんしょう)
鑑定(かんてい)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
前例や手本 殷鑑・亀鑑
手本とする書物 図鑑・年鑑・宝鑑・名鑑
よく点検する 鑑査・鑑識・清鑑・鑑別
人を見分ける証拠 鑑札・印鑑・門鑑
なかまのかんじ

道具に由来する漢字
𠆢のある漢字
金のある漢字
臣のある漢字
皿のある漢字
監のある漢字