書き順
なりたち
 形声 音符は睘(かん)。睘は葬儀のとき、死者の衣装の襟(えり)もとに死者の霊の力をそえる玉(ぎょく・○)をおいて、上に生命のあるを証明する目をかく形で、睘は死者が生き「かえる」ことを願う儀礼をいう。睘は死者が生き「かえる」ことを祈る意味であったが、辵(辶・辶。歩くという意味がある。)を加えて、往還(行き帰り)の「かえる」という意味に使われるようになった。
そのほか
画 数 16画
部 首 しんにょう
音読み げん(外)、ぜん(外)・呉音
かん、せん(外)・漢音
かん・慣用音
訓読み かえ-る(外)
用例 還帰(かんき)
還暦(かんれき)
還俗(げんぞく)


罒のある漢字
中国古代の儀式に由来する漢字
よんがしらのある漢字
口のある漢字
辶のある漢字