書き順
なりたち
 象形 金文の字形は、杓(しゃく・ひひゃく)で鬯酒(ちょうしゅ・お祭り用の香りのついた酒)を汲(く)みとり、祭祀(さいし・祭り)の場所を清める儀礼を示す。それは神を招く儀礼であり、謹んで行うことから、「つつしむ」の意味となる。神の住むと考えられた岩場で、神への祈りの文である祝詞(のりと)を入れる器の さいを二つ並べてこの儀式を行うことを嚴(厳)とう。その儀礼はおそれ謹みながらする行為であるから、「あえて」(思い切って)するという意味となる。
そのほか
画 数 12画
部 首 のぶん
音読み かん・呉音
かん・漢音
訓読み つつし-む(外)
あえ-て(外)
用例 敢行(かんこう)
果敢(かかん)
敢然(かんぜん)


なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
耳のある漢字
攵のある漢字
敢のある漢字  厳6