書き順
なりたち
 形声 音符は奐(かん)。奐は獣の胯(また)を開いて生んでいる子を、人が両手で取り上げている形で、子が生まれるときの姿勢である。奐は新しい生命が生まれることであるが、それが交換する(とりかえる)の意味となった過程はよくわからない。「かえる・かわる」の意味に用いる。古いものに手を加えて、新しいものにすることを換骨奪胎(かんこつだったい)という。
そのほか
画 数 12画
部 首 てへん
音読み がん(外)・呉音
かん・漢音
訓読み かえ-る
かわ-る
用例 換気(かんき)
転換(てんかん)
変換(へんかん)


なかまのかんじ

扌のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
奐のある漢字