書き順
なりたち
 形声 音符は甚(じん)。甚に勘(かん・かんがえる)・媅(かん・たのしむ)の音がある。甚は鍋(なべ)を竈(かまど)の上にかけた形で、おきかまどをいう。竈を土の中に作ったものが堪で、この中で陶磁器を焼いたのであろう。堪には高温に「たえる」、また「すぐれる」の意味がある。
そのほか
画 数 12画
部 首 つちへん
音読み こん(外)・呉音
かん・漢音
たん(外)・慣用音
訓読み た-える
用例 堪忍(かんにん)
堪能(たんのう)
不堪(ふかん)


なかまのかんじ

道具に由来する漢字
土のある漢字
匹のある漢字 
甚のある漢字