書き順
なりたち
 形声 音符は奐(かん)。奐は、獣の胯(また)を開いて生んでいる子を、人が両手で取り上げている形。子が勢いよく生まれる様子を渙然(かんぜん)という。羊の子が生まれることを羍(たつ)といい、そのするりとうまれる状態を達(とおる)というのと同じ、生まれるとき大声を出すことを喚といい、「よぶ、わめく」の意味に用いる。
そのほか
画 数 12画
部 首 くちへん
音読み かん・呉音
かん・漢音
訓読み よ-ぶ(外)
わめ-く(外)
用例 喚起(かんき)
喚問(かんもん)
招喚(しょうかん)


なかまのかんじ

口のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
奐のある漢字