書き順
なりたち
 形声 音符は串(かん)。串は、毌(かん)と同じく、古くは貝を連ねてとじた形で、貫はその下に貝を加えた形である。連ねてとじた貝は、お互いにふれて傷(いた)みやすいので、「うれえる、わずらう、おもいなやむ」ことを患という。心配ごとの最も甚だしいものは病気であるから、病気のことを病患という。もとは経済的な心配ごとをいう字であった。
そのほか
11画
部 首 こころ
音読み げん(外)・呉音
かん・漢音
訓読み わずら-う
わずら-い(外)
うれ-える(外)
用例 患害(かんがい)
外患(がいかん)
患部(かんぶ)


なかまのかんじ

口のある漢字
串のある漢字 
心のある漢字