書き順
なりたち
 会意 冖(べき)と元と寸とを組み合わせた形。冖は覆(おお)いの意味であるが、冠は完・寇(こう)と同じように廟(みたまや)のなかで行う儀式であるから、冖ではなく宀(べん・祖先を祭る廟の屋根の形)に従うべきである。元は頭を大きくかいて強調した形で、首・頭の意味がある。廟の中で手(寸)で頭(元)の髪を結い、頭に冠をつけている形で、男子の成人式である元服の儀式をいう。また「かんむり」の意味のほかに、冠は人の頭の上に載せるものであるから「もっとも上のもの、すぐれる」という意味にも使う。
そのほか
画 数 9画
部 首 わかんむり
音読み かん・呉音
かん・漢音
訓読み かんむり
用例 冠者(かんじゃ)
栄冠(えいかん)
弱冠(じゃっかん)


なかまのかんじ

中国古代の儀式に由来する漢字
冖のある漢字
儿のある漢字
元のある漢字  元2 院3 完4
寸のある漢字