書き順
なりたち
 形声 もとの字は褐。音符は曷(かつ)。褐はあらい麻の織物で、その色は褐色(こげちゃいろ)であった。その織物で作ったどてらのような衣服を褐博(かっぱく)といい、その衣服を着た身分の低い男を褐夫(かっぷ)という。あらい麻の衣服を褐衣(かつい)といった。裘褐(きゅうかつ)とは粗末な冬着と夏着のことで、それで一年の意味ともなる。
そのほか
画 数 13画
部 首 ころもへん
音読み がち・呉音(外)
かつ・漢音
訓読み -
用例 褐色(かっしょく)
褐炭(かったん)
褐巾(かいきん)


なかまのかんじ

色の漢字
衣のある漢字
日のある漢字
勹のある漢字
匕のある漢字
匂のある漢字