書き順
なりたち
 形声 音符は骨(こつ)。骨に猾(かつ・わるがしこい)の音がある。骨の表面はきわめてなめらかであるので、水に濡れて、「なめらか、すべる」状態を滑という。滑稽(こっけい)はもと酒器の名で酌めども尽きぬものだという。それで転じて、よどみなく話すことをいう。またおどけて言うことが多いので、「おどけ」の意味となる。
そのほか
画 数 13画
部 首 さんずい
音読み げち(外)、こち(外)・呉音
かつ、こつ・漢音
訓読み すべ-る
なめ-らか
用例 滑降(かっこう)
滑走(かっそう)
円滑(えんかつ)


なかまのかんじ

氵のある漢字
冖のある漢字
月のある漢字
骨のある漢字  骨6