書き順
なりたち
 形声 音符は赫(かく)。赫は、赤を二つ並べた形で、「あかい・さかん・激しく怒る」の意味がある。激しく怒ることを赫怒といい、激しく怒ったときに発する声を嚇という。激しく怒ったときの声であるから、嚇は、「おどす・しかる」の意味となり、威嚇(おどすこと)のように用いる。「荘子」に、腐った鼠(ねずみ)を捕まえた鴟(とび)がその上を飛ぶ小鳥を仰ぎ見て「嚇」とおどしつけた話を載(の)せている。
そのほか
17画
部 首 くちへん
音読み きゃく・呉音(外)
かく・漢音
訓読み おど-かす(外)
用例 威嚇(いかく)
嚇怒(かくど)
脅嚇(きょうかく)


なかまのかんじ

口のある漢字
土のある漢字
亦のある漢字  赤1 変4
赤のある漢字  赤1