書き順
なりたち
 国字 もとの字は篗(わく)で、音は隻(かく)。篗は、かせ糸を巻き取る道具。中心に回転する軸をつけた木の枠を作って糸を巻き取る道具である。そのような形に、方形に木を組んだものを枠という。「わく」は篗の音の「わく」をそのままとっている。窓枠(まどわく)のようにいう。
そのほか
 
画 数 8画
部 首 きへん
音読み -
訓読み わく
用例 型枠(かたわく)
糸枠(いとわく)
大枠(おおわく)

なかまのかんじ

国字の漢字  畑3 働4
木のある漢字
九のある漢字
十のある漢字