書き順
なりたち
 形声 音符は龍(りょう)。「かご」の意味に用いる。「説文」に「土を擧(あ)ぐる器なり」とあるのは、土かごである。物を中に収めるものであるから、「こめる」の意となる。国語では、家に籠(こ)もる、巣籠りなどのように、「こもる」とよみ、中に入って外に出ないことをいう。
そのほか
 
画 数 22画
部 首 たけかんむり
音読み る(外)・呉音
ろう・漢音
訓読み かご
こも-る
こ-める(外)
用例 菜籠(さいろう)
灯籠(とうろう)
禁籠(きんろう)
漢字の意味、意義、熟語

意 味 ことば
かご 籠球・籠鳥・印籠・薬籠
とりこむ 籠絡
とじこもる 籠居・籠城・参籠・牢籠
なかまのかんじ

竹のある漢字
亠のある漢字
立のある漢字
月のある漢字
龍のある漢字