書き順
なりたち
 会意 列と火(灬)とを組み合わせた形。列は首を切って胴体と頭部を切り分けた死体で、それに火を加えて焼く形が烈であるから、「はげしい、きびしい」の意味となる。「説文」に「火猛(ひたけ)きなり」とあり、火の燃える勢いが激しいの意味とする。剌(らつ・いさお)と通用して功烈(大きなてがら)のようにいう。金文の字形は剌。剌は柬(かん・橐(ふくろ)の中に物のある形)を刀で割く形の字で、中がはじけるの意味。先祖の威徳をほめて剌祖のようにいう。
そのほか
 
画 数 10画
部 首 れんが/れっか
音読み れち(外)・呉音
れつ・漢音
訓読み はげ-しい(外)
てがら(外)
用例 烈火(れっか)
烈風(れっぷう)
壮烈(そうれつ)

なかまのかんじ

人体に由来する漢字
武器に由来する漢字
夕のある漢字
歹のある漢字 
死3 列3 残4 例4
刂のある漢字
灬のある漢字