書き順
なりたち
 形声 音符は亘(かん)。亘に洹(えん・川の名)・𧻚(えん・かえだ)の音がある。亘は、ものの周囲をめぐる形。建物の周辺を土塀(どべい)で囲むものを垣といい、「かき・かきね」の意味となる。古くは院と音が同じであったので、垣のある建物を院といった。院はもと神聖な建物。垣の古い字形には、城郭の郭に亘をそえたものがあり、垣は城郭周辺の周辺のお土居(どい・土の垣、土塁)のようなものであった。
そのほか
画 数 9画
部 首 つちへん
音読み おん・呉音(外)
えん・漢音(外)
訓読み かき
用例 垣宮(えんきゅう)
垣塀(えんぺい)
垣下(えんが)


なかまのかんじ

建物に由来する漢字
土のある漢字
日のある漢字
旦のある漢字 
昼2 量4 宣6 担6
亘のある漢字  宣6