書き順
なりたち
 形声 音符は尞(りょう)。篆文(てんぶん)は、𤻲(りょう)に作り、音符は樂(がく)。樂は柄(え)のついた手鈴(てすず)の形で、しゃーまん(神がかりの状態となって予言や病気を治すことなどを行う巫女(ふじょ))が、その手鈴を振り、病魔を祓(はら)って病気を治すことを𤻲といい、「いやす、なおす」の意味に用いる。のち、シャーマンが手鈴で病魔を祓うというようなことが行われなくなって、リョウの音をとって形声の字の療となった。
そのほか
 
画 数 17画
部 首 やまいだれ
音読み りょう・呉音
りょう・漢音
訓読み い-やす(外)
なお-す(外)
用例 療病(りょうびょう)
療養(りょうよう)
医療(いりょう)

なかまのかんじ

疒のある漢字
ナのある漢字
大のある漢字
日のある漢字
小のある漢字
尞のある漢字